魚と海を楽しむ祭典 トトタベローネ

トトタベローネ 愛媛県 宇和島

10.14-15

小さい頃に釣りをした風景や、
海水浴の日焼けでヒリヒリした感覚など、
大人になっても呼び起こされる楽しい海の記憶…。

海を「学び、遊び、味わう」という
貴重な体験をしてもらいたいと
トトタベローネうわじまを開催いたします。

※こちらのイベントは終了しました※
ご参加・ご協力いただき、ありがとうございました。
開催レポートはこちら

地域について

宇和島は穏やかな天候と潮に恵まれた四国の西の端

数多くの無人島が浮かび、その地形から魚の養殖も盛んにおこなわれています。入り組んだリアス式海岸が続き、磯釣りにも最適な磯が点在しています。

宇和島といえば、魚の宝庫。豊後水道と大阪側に向かって流れる上り潮の中にあり、お魚の種類も豊富です。

新鮮な宇和島の小魚をつかったじゃこてんや鯛めしなど、伊予水軍も食べた漁師めしと伝わっています。海と暮らした人々を思いながら、鯛めしを食べにきませんか?

宇和島

宇和島

宇和島

開催概要

日時
2017年10月14日(土)・15日(日)
メイン会場
道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場
チラシを見る

イベント

海のワークショップ体験ツアーin うわじま

日時:10月14日(土)

会場:遊子漁港他

申込:応募フォームからお申し込みください。(※10月6日(金)応募締切。一連の体験ツアーのため、1つのイベントのみへの参加はできません)

ミヨーネ

養殖漁業を営む漁師さんの漁船で沖合の養殖場へ!入り組んだ海岸線と養殖イカダが織りなす美しい宇和海を、漁師さんならではのガイドで案内してもらいます。

ソダテヨーネ

魚の養殖場で漁師さんに教わりながら、エサやりや出荷作業を体験します。

タベローネ

養殖場から水揚げした真鯛を使って参加者が漁協の方々の指導で宇和島名産・鯛めしなどの料理に挑戦!試食します。

ジュエリーネ

真珠の養殖場を見学。アコヤ貝への核入れ、真珠の珠出しを、養殖業者さんの指導で体験します。

マナボーネ

値段を大きく左右する、パールの質の見分け方を楽しく学びます。

ふれよう・味わおう海の恵みフェスタ!!

日時:10月15日(日)

会場:道の駅 みなとオアシスうわじま きさいや広場

申込:不要

サバコーネ

宇和海で養殖された高級マグロをステージで丸ごと解体。大トロをはじめ、さばいたばかりの新鮮な刺身を特価で販売します。

日時:10月15日(日)10:00-10:40

カオーネ

うわじまの加工品や自慢の海産物グルメブースが会場にずらり!宇和島名物の競演です。

日時:10月15日(日)11:00-17:00

ジュエリーネ

宇和島の真珠でアクセサリーを作ろう!何と無料!先着100名限定!

日時:10月15日(日)11:00-(定員に達し次第終了)

サワローネ

水族館の無い宇和島に特別な水族館が登場!宇和海からやってきた海の生き物、「オオグソクムシ」などに触れて学べます。その他、どんな生き物が登場するかは当日のお楽しみ!カンガエヨーネで登場する庄司先生が詳しく解説してくれます。

日時:10月15日(日)11:30-17:00

カンガエヨーネ

子どもの頃から海の生き物が大好き、それがこうじて研究者になった庄司直靖さんをゲストに迎え、海の自浄作用など、自然の持つ壮大なメカニズムについて聞きます。

日時:10月15日(日)14:00-14:30

主体

主催:トトタベローネうわじま実行委員会(宇和島市、テレビ愛媛)

共催:日本財団 海と日本プロジェクト

後援:愛媛県、愛媛県教育委員会、宇和島市教育委員会、愛媛新聞社、FM愛媛、宇和島ケーブルテレビ、愛媛県漁業協同組合連合会

会場マップ

お問い合わせ

  • トトタベローネうわじま運営事務局(シップス内)
  • TEL 089-907-3690
トップに戻る