海のごちそうウィーク。-日本財団/海と日本PROJECT-20名様に当たる!知ろう食べよう、海の幸

食べて当てよう!トトタベローネ4県「海のごちそうお土産セット」

知ろう、食べよう。海の幸!
10月10日の魚(とと)の日から10月16日までの
1週間は「海のごちそうウィーク」です!
ある研究では、海の温暖化や酸性化などの影響で
2050年には、 まぐろ・えび・いか・いくらなどが
獲れなくなるかもしれない
、と言われています。

”海のごちそうを食べる”をきっかけに、海の環境や資源のために、
私たちに何ができるかをみんなで考える1週間にしましょう。

海の幸を食べて海のことをもっと知ろう!

トトタベローネでは「海のごちそうウィーク」キャンペーンを開催!
抽選で20名様に「海のごちそうお土産セット」をプレゼント!

各地域の現状の課題と背景

函館で地ブリを
〜ブリリアントな海の未来へ〜

現状の課題と背景

近年、函館市のブリ捕獲量が急増。2017年には全国2位の漁獲量を記録しました。しかし、北海道のブリ消費量は全国平均の2分の1。函館市民もあまり食べません。これは非常にもったいない!トトタベローネ函館は、ブリフェス開催等を通じて、函館ならではの「ブリ食文化づくり」に取り組みます。さらに、ブリをきっかけとして海について考え、行動する人を増やします。ともに、函館のブリリアントな未来を創造しましょう!

天然の鯛は庄内浜の救世主!?

現状の課題と背景

今、庄内浜の天然の鮎が食べられなくなってきており、食文化消滅のピンチが…養殖が出来ない庄内浜は、天然魚の食文化です。天然の魚は季節によって味や身質も違うので、その時々によって美味しく食べるための調理方法や工夫も違います。このままだと、そんな食文化が失われていってしまうかもしれません。天然の鯛を食べることで庄内浜を見つめ直し、学び、大切な文化と海を守ってゆきましょう!

世界で唯一「富山湾の宝石」!
そのかがやきを未来にも。

現状の課題と背景

富山湾特有の地形「あいがめ」に生息するシロエビ。活動する範囲が狭いため、数が少なく、水揚げされた瞬間の透明な姿から「富山湾の宝石」と呼ばれています。そして、漁業が成り立つほど漁獲できるのは世界でも富山湾だけ!!しかし近年、シロエビの漁獲量が減ってしまいました。そこで射水の漁師たちは、かつて1日4回だった漁を2回まで制限した結果、5年前には約180tだった漁獲量が現在は約250tまで復活しました。海の環境を壊すのも生かすのも人間次第。もしかしたら、街からでるゴミが、シロエビたちの住処を汚しているかもしれません。エコバッグを使うなど、生活の中から自分たちができることを考え、行動する人を増やしたい。世界でここにしかない「かがやき」を未来に残しましょう。

桜島近海には深海魚がいる!?
~食べて始める、さくらじまんできる海へ~

現状の課題と背景

桜島は鹿児島のシンボルであり、県民の心のふるさととして雄大にそびえ立っています。桜島眼下に広がる錦江湾が、水深200m以上もある世界でも珍しい湾であることを知っていますか?錦江湾沿岸では、江戸時代から続く「とんとこ漁」と呼ばれる底引き網漁で様々な種類の深海魚が水揚げされています。ですが、選別の手間や流通がないため、そのほとんどが捨てられてきました。おいしく食べられるものもたくさんあるにも関わらず…。トトタベローネ桜島は、そんな深海魚を水産資源として見直し、食を通じて発信していくことで、これまで気付かなかった海の課題について興味・関心を高めてもらうきっかけにしていきます!

キャンペーン賞品

トトタベローネ4県から厳選された海の幸を用意しました!
キャンペーン応募して「海のごちそうお土産セット」をゲットしよう!

トトタベローネ 函館

トトタベローネ 函館

  • ・ブリの燻製
  • ・イクラ醤油漬け
  • ・開きホッケ
  • ・イカ一夜干し
  • ・額ニシン
  • ・函館塩辛
トトタベローネ 庄内浜

トトタベローネ 庄内浜

  • ・神経絞め真鯛の塩干
  • ・ハタハタ醤油干し
  • ・甘鯛西京漬け
  • ・真いかの塩辛
  • ・塩ワカメ
  • ・口細カレイ干し
  • ・サワラ醤油漬け
トトタベローネ 射水

トトタベローネ 射水

  • ・シロエビ刺身
  • ・富山湾ほたるいか醤油漬
  • ・ふくらぎ昆布〆
  • ・カレイの一夜干し
  • ・カマスの一夜干し
  • ・ゲンゲの一夜干し
トトタベローネ 桜島

トトタベローネ 桜島

  • ・アカムツ(ノドグロ)の一夜干し
  • ・薩摩揚げ詰め合わせ
  • ・枕崎カツオのなまり節
  • ・枕崎カツオのハラミ燻製
  • ・屋久島サバ燻製
  • ・きびなごオイル漬け
※賞品内容は写真と異なる場合がございます。
※賞品は選べません。

応募方法

応募方法はカンタン3ステップ。
美味しい海の幸を食べて、海の問題について考えてみよう。

ステップ1

「トトタベローネ」4県のInstagramのアカウントを1つ以上フォローし、対象の投稿に「いいね」をする。

トトタベローネ公式アカウント
ステップ2

多くの人に伝えたい「海の問題」を次の4つの中から選び、感想を考える。

  1. 海の温暖化の影響で魚の産地が変わり、
    地域の食文化と水産業が変化を迫られている。
  2. 魚が成長するスピードを考え、適切な量だけを獲る漁をしないと、魚が食べられなくなるかもしれない。
  3. 乱獲によって、以前は獲れたが、現在捕れにくくなった魚がいる。
  4. 網にかかるが、選別の手間がかかったり、流通がないため、そのまま捨てられている魚がいる。
ステップ3

4つの対象魚種(ブリ・エビ・タイ・深海魚【アカムツ・キンメダイ・アンコウなど】)の内1つを食べて写真を撮る。

対象魚種(4種類の魚種が対象です)
  • ブリ ブリ
  • エビ エビ
  • タイ タイ
  • 深海魚
    (アカムツ・キンメダイ・アンコウなど)

ステップ2で選んだ海の問題の感想と、ステップ3で撮った写真を添付したら、下記ハッシュタグと一緒に投稿!

ハッシュタグをコピーする

募集期間

10/10(土)〜10/31(土)23:59まで

当選者発表について

当選者には、キャンペーン終了後、InstagramのDMにてご連絡いたします。賞品の発送先等必要な情報をお伺いいたしますが、個人情報につきましては、賞品の発送にのみ使用させていただきます。